Hope Step Japan! 2014

あれから3年

大災害から何を学べたでしょうか?

Hope Step Japan! 2014

3月8日(土) 2014 13.00 — 20.00
@会場 Mediamatic Fabriek

住所: VOC-kade 10, 1018 LG Amsterdam
入場料: 8 ユーロ
* 12歳以下無料
* 入場料のうち5ユーロがMediamaticのメンバーシップ料金、3ユーロが私たちの活動への収入となりなす。

フライヤーのダウンロードはこちらから

プログラム

13:00 開場
13:10 スカイプトーク チェルノブイリの家畜動物における放射能の影響と福島の3年間  松木洋一
14:20 講演 日本人は原発を止められるか  by Kjeld Duits and Naoko Richters
15:30 発表 福島第一原発事故から3年を振り返る by ヴィム・トゥルケンブルク
15:40 ディスカッション 原子力に代わるエネルギー政策 with Peer de Rijk (moderator, WISE International) Liesbeth van Tongeren (2e kamer GroenLinks, Naoko Richters, representative of Hope Step Japan!, Wim Turkenburg and more guest speakers.

16:50 紙芝居&音楽のパフォーマンス by ドンゲスクール(アムステルダム)の子ども達と、松田あゆみ&松田ひかる
17:30 発表 菌糸体プロジェクト by Willem Velthoven, Mediamatic
18:10 パフォーマンス by Sato Endo, Tashi Iwaoka, Ismaera, Ayumi Matsuda, Yui Nakagami, Christiaan, Naomi Sato
18:30 映画上映 A2-B-C 監督 Ian Thomas Ash

終日アクティビティ

ワークショップ: Hope Step Post by Masaaki Oyamada
ワークショップ: 福島なまず by Arne Hendriks
ワークショップ: ジャンプ発電研究所 by Team HSJ
ワークショップ: キッズコーナー by Team HSJ
展示: 音で聴く3.11 by 森本洋太
展示: PURBomb by Erwin Nederhoff
展示: 上映 organized by Satellietgroe
展示: パイレーツシネマ
上映: ZONE〜存在しなかった命〜 監督:北田直俊
レポート: 福島以後の3年間: 映像資料と年表を用いて by HSJ 告発チーム
配布: 放射能汚染から起こりうる動植物への影響 by Animal Rights for Japan
HSJ 図書館(インタビューや出版物): 大西恭子さん、福島集団疎開裁判の柳原弁護士のインタビュー
食品: おいしい食べ物屋台の数々!