Portfolio

Masaru Nakajima

11:10 スカイプトーク / 村・町から広がる小水力と自然エネルギー〜日本の現状と課題

福島原発事故以後、日本でも急速に注目を浴びる自然エネルギー。2012年には自然エネルギー発電促進のため、固定価格買取制度(FIT)も導入された。同時に電力会社による地域独占への見直しから電力システム改革も進み、2020年までに広域連系、電力小売り自由化、発送電分離が行われる予定で、それに合わせてスマートグリッド、スマートメーターの導入なども議論されている。

そうした動きの中で、とくに農村部の地域活性化の手段としても見直されているのが小水力発電である。本企画では小水力の活用を推進する全国組織、全国小水力利用推進協議会事務局長であり、自然エネルギーおよびエネルギー政策全般について30年の経験を有する専門家、中島大さんにSkypeを通してお話を伺う。とくに海外のメディアにはなかなか紹介されない地方からの視点も通して、日本における自然エネルギーやエネルギー政策の現況、将来の方向や課題を語っていただく。エネルギー問題のみならず日本の地方の動きに関心をもつ、幅広い方々のご参加を呼びかける。

中島大(なかじま まさる) 全国小水力利用推進協議会 事務局長