Portfolio

Akiko Yoshida

12:30 スカイプトーク / 福島の現状と日本のエネルギー政策

日に日に人びとの記憶や関心から遠ざかりつつある東北大震災と福島第一原発事故。しかし現在でも福島県では約12万人が避難生活を送り、不十分な仮設住宅、先行きが見えない生活への不安とストレス、補償打ち切り・切り下げなどの問題にさらされている。また、被災地に残って生活する人びとも放射線被曝、除染、補償、復興など多くの課題を抱えている。

本企画では、福島原発事故被災者の権利やポスト福島のエネルギー政策のために、地域に密着した活動を展開してこられた、環境NGO・地球の友ジャパンの吉田明子さんにSkypeを通してお話を伺う。とくにNGOの目を通して見た福島被災地の現状や暮し、福島県民健康調査、2012年に成立した「原発事故子ども・被災者支援法」の経緯と現況など、これからの私たちの行動にもつながるホットな話題を存分に語っていただく予定である。被災地の現在・過去・未来に関心を寄せる、多くの方々のご参加を期待している。

吉田明子(よしだ あきこ) 地球の友ジャパン 気候・エネルギーキャンペーン