Portfolio

055

ジャンプ力発電所 (終日ワークショップ)

「ジャンプ力発電所」は、ジャンプによる発電を目指したプロジェクトです。本プロジェクトはHope Step Japan!が企画し、研究者、エンジニア、クリエイターなど多様なバックグラウンドを持つ在蘭日本人のメンバーたちが参加し日々真剣に取り組んでいます。

ジャンプ力発電のアイデアは、チームリーダーのワタナベ・モユルがまだ子供だった数十年前に生まれました。周囲の大人たちが近くにある原子力発電所のことを不安げに話しているのを聞いた時、原子力という動力源ではなく、自分たちの身近にありかつ安全な「ジャンプ力」で発電できるのではないか?と思いつきました。2011年の大震災が起こった時、彼女はこのアイデアを思い出し、どうしたら実現できるかを真剣に考え始めました。

昨年開催されたHope Step Japan!で、ジャンプ力で発電するアイディアを発表して以来、チーム内でアイディアの実現方法を検討し、何度も実験を行いました。そしてついに昨年11月、「ジャンプ力発電所」のプロトタイプを作ることに成功しました!

2015年3月8日に開催されるHope Step Japan!の会場では、皆さんにジャンプ力でLEDライトを点灯する体験をしていただけます。ぜひ一緒にジャンプしましょう!

私たちは、より安全で持続可能な社会に貢献する、革新的な発電技術への関心を高めることを目指します。そして「ジャンプ力発電所」のジャンプ体験が、楽しく最新技術を学んでもらう機会になることを願っています。